スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーバリーブラックレーベルにはどんなアイテムがあるの?

バーバリーブラックレーベルと言うとスーツやコートなどビジネスシーンに活躍しそうな衣服が人気です。

しかし、値段が高額なものが多いことからあまり手が出せないというかたも少なくないと思います。

そこでお求め易いアイテムとして、財布、ネクタイ、ベルト、名刺入れ、定期入れなどの小物類から購入してみてはいかがでしょうか。
こうした小物類もかなりの人気アイテムとして親しまれています。

特にお求め易いアイテムとしてはネクタイがあります。
そんなに高額ではないのに良質でデザインもたくさんあります。
ノーブランドのスーツにネクタイだけバーバリーブラックレーベルにしたとして、ポイントになるのでとてもいいと思います。

このようにバーバリーブラックレーベルはビジネスシーンに活躍しそうなアイテムがたくさんあり、対象も20代半ばから30代全般と言った感じになっています。
最近ではキャリアウーマンも増えてきていることからバーバリーブラックレーベルからのレディースラインも揃えられているようです。

バーバリーブラックレーベルの姉妹店でバーバリーブルーレーベルというブランドがあります。
こちらは20代前半の若い女性が対象となっているブランドで、バーバリーのカジュアル版レディースブランドとしてとても人気があります。

バーバリーブルーレーベルの洋服だと30代の働く女性にはちょっと似合わないかなと思われるものが多いので、バーバリーブラックレーベルのレディース版を見てみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト

バーバリーブラックレーベルというブランド

バーバリーにはバーバリーブラックレーベルというブランドがあります。
ただし、本家イギリスにあるバーバリーとの違いと言うと大きく言ってしまえば製造している企業が違うと言うことです。
バーバリーブラックレーベルを手掛けているのは三陽商会という日本の企業です。
この三陽商会はイギリスのバーバリーとライセンス契約をしていて、日本における製造・販売ができます。
ですからバーバリーブラックレーベルは三陽商会が作った日本独自のブランドと言うことになります。
しかし、商品自体はバーバリーの伝統をきちんと生かし、なおかつ日本の流行も取り入れて作られています。
もうひとつ、バーバリーブラックレーベルと同じように三陽商会が手掛けたブランドにはバーバリーブルーレーベルというブランドがあります。
このバーバリーブルーレーベルとバーバリーブラックレーベルとの違いはと言うと、カジュアルに着たいならブルーレーベル、ビジネスとして使いたいならブラックレーベルと言うようにTPOに分けて使うことだと思います。
このようにバーバリーブラックレーベルはスーツ、ワイシャツなどビジネス面に使えるアイテムが揃えられたブランドだと言うことになります。
では、以下にバーバリーブラックレーベルの商品について説明したいと思います。
バーバリーブラックレーベルのスーツに関してですが、シルエットはスリムでウエストに絞りがあり、体がきれいに見えるようなライン、丈は比較的短めでモードっぽい。
しかし、ブリティッシュな感じをどこか漂わせている。
そんな感じなので量販店で買うのとは違う高級な感じがして若い世代の男性に人気があるのだと思います。
また、ワイシャツやネクタイ、ベルト、カバンなど、スーツに合わせるアイテムも充実しています。

バーバリーブラックレーベルの人気アイテム

バーバリーブラックレーベルにはさまざまなアイテムを取り扱っていますが、特にどういったものが人気あるのでしょうか。
バーバリーブラックレーベルの人気アイテムにはスーツやシャツ、ネクタイと言うようにビジネスシーンで使えるようなアイテムが人気あります。
また、スーツ類に合わせられるようなカバンやネクタイ、ベルト、定期入れ、など小物類も多くの人気があります。
また、ビジネスラインの他にもパーカーやニット、スニーカーなどのカジュアルな洋服とかも扱っていて、カジュアルなのに上品さがある感じが人気あるものだと思います。
このバーバリーブラックレーベルのアイテムを男性へのプレゼントに考えている人は「ネクタイ」なんかはいかがでしょうか。
バーバリーブラックレーベルのネクタイは柄も色も豊富に取り揃えられていている上に、値段もお手頃なので手を出しやすいのではないかと思います。
また、バーバリーブラックレーベルはメンズのブランドだと言うように思っている方がたくさんいると思いますが、レディースもあるってご存知でしたでしょうか。
取り扱っているアイテムもメンズ同様にビジネスシーンで使えるものが多く、キャリアウーマンにはぜひおすすめのラインです。
バーバリーブラックレーベルのレディースとして人気があるアイテムはトレンチコートです。
細身のシルエットでとても知的にきれいに見えます。
お値段的には少し高く13万円前後するのではないかと思います。
一生使えるコートとしてきっと役にたつアイテムだと思います。

バーバリーブラックレーベルについて

バーバリーブラックレーベルというブランドを皆さんはご存知でしょうか? ここではバーバリーブラックレーベルについてちょっとまとめてみたいと思います。
バーバリーブラックレーベルとは日本企業の三陽商会が手掛けているバーバリーブランドです。
対象は25歳~35歳の男性をターゲットにしています。
このバーバリーブラックレーベルが誕生する前に女性用のブランドとしてバーバリーブルーレーベルを誕生させています。
その成功をしたのをきっかけにして誕生したのがバーバリーブラックレーベルになります。
バーバリーブラックレーベルで取り扱っているアイテムはスーツなどのビジネスものがメインとなっていると思いますが、ニット類のカジュアルなものや、バッグなどの小物類までさまざまなアイテムが揃っています。
また、バーバリーブラックレーベルやバーバリーブルーレーベルは本家バーバリーよりも値段はリーズナブルとなっているので、ちょっとした贈り物にするのでもかなり喜ばれるのではないかと思います。
リーズナブルだと言っても手抜き感があるわけではなく、伝統を守っている縫製や上質な生地など充分すぎるくらい良質だと思います。
また、バーバリーブラックレーベルのバッグは男性だけでなく女性が持ってもかっこいいデザインになっていると思います。
このようにバーバリーブラックレーベルはとても使い勝手がよく、高すぎず品があり皆さんに好かれるアイテムが揃っていると思います。

バーバリーブラックレーベルの由来

バーバリーブラックレーベル(BURBERRY BLACK LABEL)とは日本の企業である三陽商会が日本独自のブランドとして1998年に誕生したブランドです。
主に扱っている商品はメンズのものが多く、百貨店に入っています。
バーバリーブラックレーベルの対象年齢は25歳~35歳位で扱っているラインとしてはスタイリッシュなもの、爽やかなもの、バーバリーの伝統と今の流行を組み合わせたものなどです。
バーバリーブラックレーベルがメンズ主体なのに対して、バーバリーブルーレーベルというレディース主体のブランドも展開されています。
バーバリーと言ったら有名なバーバリーチェックもデザインに多用されていたり、バーバリーのマークがワンポイントとして使われていたりしてさりげないおしゃれを楽しむこともできます。
また、バーバリーとは違い値段もバーバリーよりはお手頃価格なので気軽に手に入れることができると思います。
次にバーバリーブラックレーベルの本家、バーバリーの歴史について説明してみたいと思います。
バーバリーの名前の由来は創業者であるトーマス・バーバリーからきています。
バーバリーの有名なアイテムのひとつのトレンチコートは第二次世界大戦中に使われていたトレンチコートを耐久性、保温性、それになんと言ってもデザインを重視してアレンジされたもので、そこからバーバリーというブランドが生まれたそうです。
その高品質な出来映えはすぐ噂になったようで、当時の映画の中で有名な俳優さんが着用し、さらに有名になっていったようです。
サイトマップ
リンク
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。